リキッドコンシーラーは少しずつが基本

コンシーラーは、気になる部分をカバーしてくれる優れものですよね?
そのコンシーラーのカバー力をより発揮させる塗り方を知っておきましょう。

リキッドコンシーラーの基本的な使い方は、まず、洗顔後、化粧水、美容液、乳液、クリームなどのスキンケアをして、その後下地ファンデーションを塗ります。
下地ファンデーションを塗った後に、リキッドコンシーラーを10円玉程度の量を手の甲に乗せて、小さめな筆に少量ずつつけて気になるニキビやシミがある箇所に塗っていきます。

特に気になる部分は、筆を使いながら細かく、大体、同じ場所に3回程度少しずつ肌に馴染むように塗っていくのがポイントです。
仕上げにフェイスパウダーをパフにつけて、コンシーラーで隠した部分を軽くポンポンと押さえつけておくようにするとメイク崩れがなくなります。

ただし、Uゾーンに気になる部分があっても顔全体がぼやけて見えてしまうこともあるので、出来るだけ塗らないようにしましょう。

気になる部分を隠すだけではない 

コンシーラーはシミやソバカス、くすみを隠すアイテムとして使っているだけではもったいないですよ。
確かにシミやソバカス等気になる部分を隠すために使っている人がほとんどです。

でも、コンシーラーには、目の際やまぶた、小鼻の横などの色ムラをカバーしてくれたり、目の下、ホウレイ線、おでこから鼻筋を立体に見せてくれるハイライト効果も実はあるんです。

特にシワなどでへこんで暗くなっている部分をふっくらと見せてくれます。
色ムラをカバーしやすいのが固形タイプのパレット、目元のくすみなどを消すにはサーモンオレンジ系のリキッドタイプのもの、肌をふっくらと見せてくれるのが、ピンクホワイト系のリキッドタイプのものがおすすめです。

特にくすみなどで暗いイメージがある部分に明るいベージュ系の色を乗せてしまうと、かえって暗く見えてしまいますから、出来るだけ肌と馴染みやすいサーモンオレンジ系のものを選ぶようにしましょう。
コンシーラーって、シミやソバカス、くすみとかを隠すだけではなく、顔全体をハイライト効果を使って、立体的に見せることができるアイテムなのです。

コンシーラーでシミやソバカスを隠そう 

年齢を重ねて行くとだんだんシミやソバカスが表面に出てきてしまって気になるって言う人、多いですよね?
それに普通どおりにメイクアップしてもシミの部分がはっきりわかってしまう等と思っている人、コンシーラーをうまく使ってシミやソバカスなど気になる部分を隠しましょう。

特に色が濃いシミの場合は、普段使っているファンデーションと同じ色かもしくは、少し濃い目の色をチョイスしましょう。
明るい色だと隠しているはずのコンシーラーが浮いてしまってかえって目立ってしまう場合がありますよ。
そうならないためにも濃い目の色を選んで、少しずつぼかしながら、ファンデーションに馴染ませるように塗ると境目が目立たなくなります。

使用するコンシーラーは、しっかりカバーしたいので、スティックタイプあるいはペンシルタイプを選んで、気になる部分だけをカバーするようにしましょう。

スティックタイプは、濃い色のシミやほくろなどをカバーしてくれる強い味方です。
ただし、厚く塗るとよれてしまいますから気をつけるようにしましょうね。

コンシーラーの正しい塗り方

コンシーラーを上手に塗るためには、まず、パウダータイプのコンシーラーの場合は、ファンデーションを塗る前、リキッドタイプやクリームタイプのものは、ファンデーションを塗った後につけるようにしましょう。

上手に塗るポイントは、気になる部分を隠したいからといって厚く塗りすぎないことです。
厚く塗りすぎると化粧濃く見えてしまいがちになります。
また、よれたり、シワが目立つようになり、かえって顔の印象が悪くなってしまうこともあります。

そうならないようにするには、まず、手の甲やスポンジに少量のコンシーラーを取り、指を使ってポンポンと軽く叩くようにつけていきましょう。
そうするとコンシーラーが手の温度で温められ、肌に馴染みやすくなります。

コンシーラーをうまく塗るポイントは、よく肌に馴染ませることです。
肌によく馴染むとムラなどが出来にくくなります。
仕上げにフェイスパウダーを軽くつけるとより自然な雰囲気を演出することが出来ます。

クリームタイプのコンシーラーを使おう

クリームタイプのコンシーラーの特徴は、広範囲に広がった薄めの色のシミやソバカスをカバーしてくれる効果があります。

ただ、色の濃いシミやほくろなどを隠したい場合には、クリームタイプを使うよりスティックタイプを使うようにしましょう。
クリームタイプは油分が多いため他のタイプに比べると見た目が艶々しています。

また、容器もチューブタイプ、小さな容器、パレットタイプなど様々です。
パレットタイプのものを選ぶと肌の色に合わせて調整することもできるので、便利です。

色も明るいものから、少し肌より濃いものとありますが、特に明るいものを選んだ場合は、目元全体を明るくしてくれる効果がありますから、メリハリを付けたい時、ハイライトとして使うこともできるコンシーラーです。

でも、色合いも大事なので、ファンデーションと馴染みやすいものを選びましょう。
間違った色合いのものを選んだ場合、コンシーラーだけが浮いて目立ってしまうことがありますから、できれば、自分の肌より少し濃い色のものを選ぶようにしましょう。